りんご狩りの仲野りんご園/茨城県久慈郡大子町
りんご狩りとりんごジャム作り体験/奥久慈大子の仲野りんご園のホームページりんご狩りのご案内手作りジャム体験のご案内りんご園(農園)のご案内よくある質問(Q&A)りんごの地方発送についてリンク集お問い合せサイトマップオーナーズブログスタッフブログ
りんご狩りのご案内
HOME  > りんご狩りのご案内 > りんごの種類と特徴、時期

りんごの種類と特徴、時期

仲野りんご園では、りんごの栽培品種がとても豊富です。
「ふじ」をはじめ、「紅玉」、「むつ」、「名月」、「陽光」、「ジョナゴールド」、「つがる」など、更には、幻のりんごと呼ばれている「こうとく」などを栽培しています。

お味の方は、実際に食べてみないとわからないと思いますが、りんごの種類別にりんご狩りの時期や、そのりんごの味の特徴や形の特徴などを掲載しましたので、参考にしてみてください。

りんご【陽光】
りんご【グリーンむつ】
陽光
時期 10月上旬から11月上旬

特徴 鮮やかな赤色が特徴で酸味の少ないりんごで11月のころは甘みの濃いりんごです。
肉質が硬めで、パリッとした食感が最後まで残ります。
グリーンむつ
時期 10月上旬から11月上旬

特徴 最初は葉色と同じ果皮色が熟度の進行につれ黄色を帯びてくる。
最初酸味のあるジュシーなりんごが黄色を帯びるころは甘みの濃い香りのあるジュシーなりんごに変身。
りんご【紅玉】
りんご【サンふじ】
紅玉
時期 9月下旬から10月

特徴 鮮やかな赤色で9月中は酸味の強いパリッとした食感。
10月中下旬蜜が入って酸味の中に甘みを強く感じます。
生食だけでなく料理用として人気があります。
サンふじ
時期 10月下旬から12月上旬

特徴 肉質が滑らかで蜜入りが良い。甘み、酸味が濃くジューシー。
奥久慈大子のりんご人気Y1
りんご【ジョナゴールド】
りんご【名月】
ジョナゴールド
時期 10月上旬から11月上旬

特徴 甘みと酸味の濃いジューシーなりんごです。肉質がやや荒くやわらかくなりやすい。
当園では、ジャム作り体験の最適品種として活用しており、おいしいジャムの元となります。
名月
時期 10月中旬から11月中旬

特徴 黄色に紅がのり遅くまで樹上にあると蜜が入ります。
酸味の少ない甘みの強いりんごです。
りんご【王林】
りんご【北斗】
王林
時期 10月中旬から11月中旬

特徴 黄色系のりんごで、緑色から黄色に変化するにつれ甘みが増します。
香りもありジューシーなりんごです。
北斗
時期 10月上旬から10月下旬

特徴 大玉になりやすく芯カビの発生も見られます。
熟度が進むと蜜が入り香りもあり滑らかな食感とマッチしておいしいりんごに変身します。
りんご【こうとく】
こうとく
時期 10月中旬から11月上旬

特徴 小玉果であるが、果実のほとんどが蜜入りの状態になります。
滑らかな果肉と豊かな香りを備えており、小玉果ながら人気の高い品種です。
小玉にすることで、品種の特徴を発揮します。

りんご狩り、手作りジャム体験のお申し込み
電話でのお申し込み(9時から17時まで)0295-72-1579
FAXでのお申し込み(様式ダウンロード)
りんご狩り申し込み専用メールフォーム 手作りジャム体験申し込み専用メールフォーム
Copyright(c)2009 Nakano ringo. All rights Reserved.